単行本
単行本

鬼面の老女 ほか

大佛次郎

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:2007年12月06日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

目元もすずしい覆面の快男児・鞍馬天狗はきょうもゆく

殺気だつ幕末の京都に神出鬼没、ときに新選組と白刃を交え、徒党を組まず、つねに弱い者の味方として正義を貫くヒーローの活躍を描く

担当編集者より
「角兵衛獅子」と「山嶽党奇談」はお楽しみいただけましたか。さて、本巻に収められた「鬼面の老女」以下八本の初期短篇は『幕末秘史 鞍馬天狗』としてシリーズ初の単行本化されたものです。「少年倶楽部」に連載された先の長篇と比べると、文体も異なり、新人作家としての意気込みが強く感じられます。また、「雪の雲母坂」はその十年後に書かれたもので、作家としてのキャリアを積み、筆にもゆとりが感じられます。長短篇全四十七作、〈鞍馬天狗〉シリーズの奥の深さを知る一巻です。(NY)
商品情報
書名(カナ) キメンノロウジョ
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 新書判 軽装 並製
初版奥付日 2007年12月05日
ISBN 978-4-16-326550-6
Cコード 0293

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く