単行本
単行本

メフェナーボウンのつどう道

古処誠二

  • 定価:本体1,700円+税
  • 発売日:2008年01月11日

作品紹介

親切が迷惑に、労りが障りに、悲しみが仇に——

ビルマの兵站病院で働く看護婦たちは300キロ先まで撤退を命じられた。過酷な行程では、善意も善行もすべて疑心暗鬼をかきたてる

担当編集者より
フィリピン、サイパン、沖縄などでの戦場を舞台に、人の根源をゆさぶる独自の世界観で「古処戦争文学」と名高い著者。その最高峰にあたる作品が満を持しての登場です。終戦間近のビルマ。英印軍の前進に伴いラングーンの兵站病院はモールメンへ撤退が決まる。陸路組の日赤救護看護婦は、実質350キロの行程を徒歩で行くことに。執拗な爆撃。恐怖心から負傷者に目を背け、看護婦である誇りよりも恥を知る。親切が迷惑に、労りが障りに、慈しみが仇になる撤退行とは……。古処文学の濃密な世界に触れてみて下さい。(SY)
商品情報
書名(カナ) メフェナーボウンノツドウミチ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年01月10日
ISBN 978-4-16-326620-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く