作品紹介

ちょっとした幸せを、あなたも釣り上げてみませんか?

ふと手にした釣竿。釣りの面白さにハマった主人公たちに起きた奇跡とは? 釣りを通しての人々の心の交流を描く幸せ満点の連作集

担当編集者より
山本さんが意欲的に書き下ろした本作は、「おいかわ 追河」「らいぎょ 雷魚」「うなぎ 鰻」「あゆ 鮎」「たなご 【魚+與】」「まぶな 真鮒」の各章に分かれています。舞台はある地方都市。この地方には「奇跡を信じたければ、釣りをするがいい」という言い伝えが残っていましたが、それを知る人もいまは少なくなってしまいました。いずれの章でも、思いがけず釣りをすることになった主人公たちが、その面白さに目覚めると同時に、生きることに希望を持ち、人とのふれあいの大切さを再認識するといった「心がすこしホッとする」物語が展開します。言い伝えは本当だったのか!?釣り好きの人は勿論、今まで釣りをしたことがない人も、次の休日には、水辺に向かいたくなること請け合いの1冊です。(TK)
商品情報
書名(カナ) アタリ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2008年06月15日
ISBN 978-4-16-326640-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く