作品紹介

美しい姉妹がかかえた、逃れ難い葛藤を描く新鋭の意欲作

父を突然亡くした姉妹は、遺品を持って叔父の元を訪ねる。湖を背景にゆったりとした時間を過ごす二人の間には逃れ難い葛藤があった

担当編集者より
〈来るべき作家たち〉シリーズの第四弾。第99回文學界新人賞で島田雅彦奨励賞を受賞した若手作家の第一作品集です。表題作では、父を亡くしたばかりの姉妹が、叔父に遺品を届けるため、湖にほど近い町に一泊旅行に出かけます。何気ない二日を過ごすのですが、実は二人の間には救いがたい葛藤がありました。ゆったりとした美しい時間が流れるなかで、その葛藤がじわじわと忍び寄ってきます。繊細で傑出した描写力と澄み切った思弁性を発揮した作品です。併録作の「シャルル・ド・ゴールの雨女」の奇妙な展開が示す陰影も忘れがたい印象を残します。(OS)
商品情報
書名(カナ) コスイチホウ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年01月30日
ISBN 978-4-16-326670-1
Cコード 0093

著者

寺坂 小迪

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document