作品紹介

文学界を挑発する前衛作家現る

空から人が降ってくる町、それをバットで打ち返すレスキュー隊。綱渡りのようなナンセンスを支える知性が輝く、文學界新人賞受賞作

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
表題作は、文學界新人賞受賞作にして、平成19年度上半期の芥川賞候補作。惜しくも受賞にはいたりませんでしたが、その奇想天外な設定と自由奔放な想像力、それを支える力強い文章力はおおいに注目を集めました。そのファンタジーを生む力が一転、ボルヘスを髣髴させる世界に文学の発生をさぐる「つぎの著者につづく」では、知的迷宮にさまよう快感を読むものに味わわせてくれます。小説の奥深さを感じさせながら、まったく新しい天体に遭遇したような興奮を与えてくれる大型新人の登場です。(NY)
商品情報
書名(カナ) オブザベースボール
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年02月15日
ISBN 978-4-16-326730-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く