単行本
単行本

夜を着る

井上荒野

  • 定価:本体1,200円+税
  • 発売日:2008年02月18日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

あなた、真夜中に奥さん締め出してたでしょ?

旦那の尻尾を掴んでやろうぜ——スイミングスクールで知り合った美穂と秋郎は東北へと向かう。男女に微妙な変化をもたらす8つの小さな旅

担当編集者より
「よし、旦那の尻尾を掴んでやろうぜ」。ギタリストの夫の地方営業に女の影を感じる美穂は、隣の家の男と東北まで夫を追いかけていくのだが——表題作「夜を着る」のほか、父の葬儀に姿を現した、かつての愛人との避暑地の奇妙な記憶を描いた「よそのひとの夏」、大人になりきれない男女のひと夜のドライブの、ざらりとした感触が鮮やかな「アナーキー」など8篇を収録。8つの小さな旅のなかで、平穏だったはずの日常の皮膜が剥がれおちていく。フェミニンなのに、骨太。繊細なディテイルと確かな心理描写が魅力の短篇集です。(OY)
商品情報
書名(カナ) ヨルヲキル
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2008年02月15日
ISBN 978-4-16-326750-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く