単行本
単行本

ツバメ記念日季節風 春

重松 清

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2008年03月17日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

生の哀歓をみごとに描く重松清の四季・春篇

記憶に刻まれた“春”は、何度でも人生をあたためる。憧れ、旅立ち、別れ、幼い日の母の面影——温かい涙あふれる12の春の物語

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
記憶の中の“春”がつれてくる懐かしい母の面影、故郷の景色、そして若き夫婦の葛藤……。担当者もすべての物語で涙した、重松節全開の短篇集です。春は旅立ちの季節であり、それは同時に振りかえりの季節でもあります。失われたひと、失われた風景が小説のなかに鮮やかに甦るとき、読者にもまたこれまでの人生の時間が甦ってくることでしょう。「めぐりびな」「球春」「よもぎ苦いか、しょっぱいか」など12篇を所収。“重松清”中期の中核を担う季節風シリーズ、春篇からスタートです。(YO)
商品情報
書名(カナ) ツバメキネンビ キセツフウハル
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年03月15日
ISBN 978-4-16-326800-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く