作品紹介

幻の動物を追って、誰も見たことのない冒険が始まる

ひとつ目女とともに誰も見たことがない世界へ。生物と機械の境界が曖昧な未来のアジアを幻視する、驚異のシーナ的SFワールド!

担当編集者より
大戦のあと、生物と機械の境界が曖昧になった近未来のトーキョー。便利屋の主人公は、「ラクダを捜してほしい」という奇妙な依頼を引き受ける。最初は簡単だと思われたラクダ捜しは、謎の中国人、妖艶なひとつ目女を道連れに、驚異に満ちた冒険へと発展する。世界を旅する椎名さんがアジアで見た風景が、機械臓器売買が横行する都市、動物が人語を話す砂漠など、誰も見たことがない魅惑的な世界に結実。『アド・バード』以来の傑作の呼び声高い、会心のシーナ的SFワールドが誕生しました。(NK)
商品情報
書名(カナ) ヒトツメオンナ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年11月30日
ISBN 978-4-16-326950-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く