単行本
単行本

千両花嫁とびきり屋見立て帖

山本兼一

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2008年05月29日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

真之介の啖呵にしびれ、ゆずの京都弁に萌え!

駆け落ち夫婦が開いた京の道具屋は新撰組や龍馬がお客。“見立て”と“度胸”で幕末の世を渡っていく「はんなり」系痛快時代小説誕生

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
時は幕末。将軍上洛の知らせが駆け抜ける京都で、真之介とゆずは「とびきり屋」という道具屋を構えた。ゆずは、京で屈指の茶道具屋の愛娘。真之介は、そこの奉公人だったが、ゆずと駆け落ちして夫婦になったばかり。一癖ある丁稚たちを仕込みながら、いわくつきの御道具をさばき、血気盛んな新撰組や坂本龍馬らと渡り合う。“見立て”と“度胸”で、動乱の世を渡る夫婦の成長物語には、政治に左右されない庶民の強さが感じられる。“はんなり”系痛快時代小説の誕生。(YN)
商品情報
書名(カナ) センリョウハナヨメ トビキリヤミタテチョウ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年05月30日
ISBN 978-4-16-327050-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く