単行本
単行本

草すべり その他の短篇

南木佳士

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2008年07月11日
  • 第36回(2008年)泉鏡花賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

浅間、穂高。人生の難所を過ぎて山に登る。共に歩むは……

40年ぶりの再会。眩しかった彼女と浅間山に登る。それぞれに人生の関所を過ぎた男女が山を歩く。清冽にしてせつない大人の短篇集

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
山へ行く——浅間山、穂高岳……。人生の半ばを過ぎて山を歩く。ともに行くは、たとえば、かつてまぶしかった彼女(ひと)。40年ぶりに再会した高校の同級生。それぞれに身の内の難所を越え、生死のあわいを見据えた男女が草すべりに踏み入る。「もうちょっと歩いていたいよね」。過ぎた時の重みを背負いつつ、稜線を渡る風に吹かれるまま、やがて心とからだが解き放たれて行く。年を取るのも悪くない……とそっと呟きたくなる珠玉の4篇を収録。(OM)
商品情報
書名(カナ) クサスベリソノタノタンペン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年07月10日
ISBN 978-4-16-327180-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く