単行本
単行本

サークル

北島行徳

  • 定価:本体1,571円+税
  • 発売日:2008年07月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

精神医療の在り方を問う衝撃の復讐劇

医師の東山は何者かに襲われ記憶を失う。病院から逃げ出して家に戻った彼を待っていたものは? 徐々に蘇る記憶から判明する驚愕の事実

担当編集者より
高校受験の直前に骨折し、志望校に進学できなかった三田村友樹。引きこもりとなった友樹は若い精神科医、東山兼人によって立ち直るきっかけをつかむが、忌まわしい事件によって2人の人生は暗転する。それから5年、新たな人生を歩みだした2人だが、東山は事件に巻き込まれ記憶を失い、友樹の周りにもその影がちらつく。どうやら事件の鍵は、「サークル」という謎の言葉にあるらしい。心に傷を負った2人の主人公は、過去と決別し新たな人生に踏み出すことができるのか。苦闘する2人の熱い想いに、思わず応援したくなる物語です。日本の精神医療の問題点にも鋭く迫った力作です。(HA)
商品情報
書名(カナ) サークル
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年07月10日
ISBN 978-4-16-327200-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く