作品紹介

大好評の人情捕物帖シリーズ、待望の最新刊!

奉行の不正を告発し閑職に追われた朋輩の義父。自分ならどうする、と懊悩する不破の息子・龍之進は武士の矜持について考えるが……

担当編集者より
大人気人情捕物帳シリーズの第8弾。不破龍之進ら「八丁堀純情派」の朋輩達も番方若同心となり後輩もできた。だが奉行所内の諸事情に通じるにつれ、若く潔癖な龍之進は思い悩むことも増えてくる。そんななか朋輩の1人、古川喜六に縁談が持ち上がる。妻となる女性の父親は、かつて奉行と与力が大名家から寄進を受けていたことを告発し、閑職に回されていた。近年頻発する内部告発事件を思わせる表題作に加え、伊三次とお文、弥八とおみつの2組の夫婦の情愛や龍之進の恋を描いた作品など全6篇を収録。そして最後に主人公たちの運命を揺るがす驚愕の事件が待ち受けています。(HA)
商品情報
書名(カナ) ワレコトアゲス
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年07月10日
ISBN 978-4-16-327220-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く