単行本
単行本

激しく、速やかな死

佐藤亜紀

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2009年06月25日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

醜聞は真面目だから退屈、ゴシップは無責任だから愉快

メッテルニヒ伯宛のゴシップ書簡、サド侯爵捕縛までの追想、不動産販売に勤しむ若きタレーランの彷徨ほか華麗無比の文体で綴る短篇集

担当編集者より
昨年『ミノタウロス』で第29回吉川英治文学新人賞を受賞、読書界の注目を集めた著者の短編集。悪事が露見し逃亡生活を送るサド侯爵の独白「弁明」、若きタレーランの新大陸彷徨の日々を描いた「荒地」、ナポレオン暗殺を企図した狂信者の啓示告白「フリードリヒ・Sのドナウへの旅」、メッテルニヒ夫人が夫に書き送ったパリの宮廷ゴシップ「金の象眼のある白檀の小箱」他2編を収録。表題作は、断頭台での目前の死を共有するふたりの“死をめぐる”対話を描いた快作。死の効率性を追求する道具が齎(もたら)した荒廃とは何か。胸に鋭く迫ります。(YO)
商品情報
書名(カナ) ハゲシクスミヤカナシ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年06月25日
ISBN 978-4-16-327230-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く