単行本
単行本

少しだけ欠けた月季節風 秋

重松 清

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2008年09月15日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

月は、すべてが終わってしまった後の家族に似ていた

離婚しないで、といったら、パパとママはどうするだろう——家族そろっての最後の外食を描いた表題作ほか胸にしみる12の秋の風景

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
暑気が通り過ぎて空が澄んでくると、どこかもの寂しい季節がやってきます。シリーズ最新刊に描かれているのは、夏の名残りの花火にあがる少年たちの歓声や故郷の家を片付けているときに見つけた子どものころの愛読書など、胸にしみいる12の秋の情景。なにげない光景がもたらす幸福をどこかに隠し持った物語ばかりです。偉大な人物ではないけれど、よくすれ違う誰かにまた記憶の中の家族や旧い友だちによく似た愛すべき人物が大勢登場します。ひと恋しい季節にぴったりの1冊です。(OY)
商品情報
書名(カナ) スコシダケカケタツキ キセツフウアキ
ページ数 360ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年09月15日
ISBN 978-4-16-327390-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く