作品紹介

切腹したはずの浅野内匠頭は生きていた! 四十七士の運命やいかに

もし四十七士の討ち入りが、忠義ではなく単なる勘違いだったら? 日本人なら誰もが知っているお話を大胆に読み替えた傑作パロディ

担当編集者より
赤穂浅野家の旧臣47名が主君の敵である吉良を討ち取り切腹となった事件は江戸庶民の共感を呼び、これを基にした歌舞伎、浄瑠璃、講談作品が数多く作られました。「忠臣蔵」はこれら創作作品の総称です。そしてまた1つ、斬新な忠臣蔵物が誕生しました。浅野内匠頭(たくみのかみ)は切腹直前、謎の老人に命を救われます。そんなこととは知らない浪士たちはやる気のない大石内蔵助を担ぎやっとのことで討ち入りに漕ぎつけますが、それは幕府転覆を目論む謎の老人の壮大な計画の一部だったのです。元禄時代の有名人総出演でおくる新「忠臣蔵」をお楽しみ下さい。(AH)
商品情報
書名(カナ) チュウハチュウシングラノチュウ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2008年09月25日
ISBN 978-4-16-327460-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く