作品紹介

明治になっても「かわせみ」はますます好調です!

「かわせみ」に逗留する華族夫人は、思いのほか気さくな人柄だが、築地居留地で賭事に興じて千春を心配させる。果たしてその正体は?

担当編集者より
元公卿の華族・春日井正親の第3夫人・蝶子が「かわせみ」に逗留することとなり、るいの留守を預かる千春は大いに緊張する。思いのほか気さくな華族夫人に胸を撫で下ろしたのもつかの間、「かわせみ」の常客の中でも鼻つまみ者の金港屋銀三の案内で築地居留地に出向き、賭事に興じているという。華族夫人の本当の狙いとは? 蝶子の意外な正体には、江戸の「かわせみ」の愛読者の方もびっくりなさることでしょう。舞台が明治に移っても、ますます好調の「新・御宿かわせみ」第2弾。(AK)
商品情報
書名(カナ) カゾクフジンノワスレモノ シンオンヤドカワセミ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2008年10月10日
ISBN 978-4-16-327490-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く