作品紹介

大不況下の江戸の様々な人間模様。人気シリーズ第3弾

棄捐(きえん)令による大不況にもびくともしない伊勢屋。その足を掬おうと姦計を巡らす井筒屋を茶席に招いた真意は何か? 表題作など7篇

担当編集者より
寛政四年、棄捐(きえん)令で貸金を棒引きにされ、息も絶え絶えになった札差の中でも、一番の大店・伊勢屋はびくともしなかった。だが、そんな伊勢屋を落としいれようと、同業の井筒屋が仲間と計らって悪評を流し、罠を張った。伊勢屋の当主・四郎左衛門は、そんな井筒屋を茶席に招く。茶事に託した伊勢屋の意図とは?喜八郎と江戸屋の女将・秀弥との恋模様も楽しみな、大好評の「損料屋喜八郎」シリーズ第3弾。(AK)
商品情報
書名(カナ) ソチャヲイップク ソンリョウヤキハチロウシマツヒカエ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年10月30日
ISBN 978-4-16-327540-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document