単行本
単行本

聖女の救済

東野圭吾

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2008年10月24日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

『容疑者Xの献身』から3年。今度のガリレオの敵は、女!

男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。湯川が推理した真相は「虚数解」だという

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
直木賞を受賞し、年末のミステリーベスト10企画で軒並み1位に輝いた『容疑者Xの献身』は紛れもなく東野さんの代表作ですが、そのシリーズ最新長篇が、満を持して登場します。今回、探偵ガリレオこと湯川が迎えた新たな敵は——女です。会社社長が自宅で毒殺された。女性刑事・内海薫は離婚を切り出されていた妻を直感で疑うが、妻には鉄壁のアリバイがあった。捜査が難航するなか、湯川が推理した殺害方法は、「虚数解」。非論理的な思考が編み出した驚愕のトリックを、湯川は証明することができるのか。(YB)
商品情報
書名(カナ) セイジョノキュウサイ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年10月25日
ISBN 978-4-16-327610-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く