作品紹介

姉さまは強うて、美しい……それゆえに。

屋島の戦で檜扇を射抜かれた平家の上朧が妹ともども与一兄弟の夜伽に呼ばれたが……。オール讀物新人賞受賞作の新鋭、処女短篇集

担当編集者より
第87回オール讀物新人賞を受賞した気鋭である著者のもうひとつの顔は、中世国文学の研究者です。新人賞受賞作を含む本短篇集は、源平の女人をヒロインに、落日の平家を描いた華麗な物語を6篇収録しているのですが、該博な知識をベースにした換骨奪胎の手わざ巧みなストーリーに加え、選考委員である小池真理子氏に“とにかく文章が美しい”といわしめた筆力は新人ばなれしています。ぜひご一読を。(OY)
商品情報
書名(カナ) ゲンペイロッカセン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2009年01月10日
ISBN 978-4-16-327780-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く