作品紹介

その「書」を手にしたものは、古代エジプトの叡知を手にいれる

フランス革命直後のパリに突如現れたペンダントは、4000年の間ピラミッドの奥に隠された秘密の鍵だった。歴史の闇が解き明かされる

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『薔薇の名前』や『ダ・ヴィンチ・コード』など近年、歴史に埋もれた謎を解き明かす小説は人気ですが、本書の主人公の解き明かすテーマは、ギザの大ピラミッドに隠された古代エジプトの秘密の力。舞台は革命下のフランス。パリで偶然ペンダントを手に入れたことをきっかけに、主人公は、次々と襲ってくる危機をかいくぐり、科学者の手をかりて、フィボナッチ数列、黄金比、パスカルの三角形など隠された数学を解読しながら謎に迫ります。脇役も若きナポレオンやネルソンなど、豪華な布陣。ピラミッドの知的なトリビアをちりばめつつ映画『ハムナプトラ』のように痛快なエンターテインメント、ここに登場です。(TT)
商品情報
書名(カナ) ピラミッドフウインサレタスウレツ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年01月10日
ISBN 978-4-16-327850-6
Cコード 0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く