作品紹介

文學界新人賞受賞作家、待望の作品集

ユートピアのような村と大学街を往還する「わたし」の奇妙な生活誌。その稀有な才能が選考委員に絶賛された若手作家の第1作品集

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
文學界新人賞を受賞し、いま各文芸雑誌に盛んに作品を発表している谷崎由依さんの初の作品集。受賞作は、時空のねじれた村生まれの女性の、大学まちとの往還を描いた秀作。選考委員の浅田彰さんは「一種の幻想耽美小説」と位置づけ、辻原登さんは「比喩が豊富でかつ的確に使いこなされている」「読むうちに〈わたし〉の往還にある快いリズム」が生まれてくると絶賛しました。谷崎さんの持ち味は、微妙なバランスを取りながら紡がれていく言葉の使い方にあります。併録の「冬待ち」はさらに言葉の洗練を推し進めています。この作家はいったいどこまで伸びて行くのでしょうか、愉しみでなりません。(OS)
商品情報
書名(カナ) マイオチルムラ
ページ数 168ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年02月10日
ISBN 978-4-16-327870-4
Cコード 0093

著者

谷崎 由依

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く