作品紹介

令嬢と女性運転手が活躍する〈ベッキーさん〉シリーズ、完結!

日本にいるはずのない婚約者が写真に映っていた。英子が解き明かしたからくりは——。そして昭和11年2月、物語は結末を迎える

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
女子学習院に通う士族令嬢・花村英子と女性運転手〈ベッキーさん〉が活躍するシリーズも、第3弾。ついに完結です。昭和10年秋、廉価で操作が簡単なカメラ〈オリムピック〉が発売され、英子の級友たちもこぞって手に入れた。だが小松子爵家の千枝子が初めて撮影した写真の中に、日本にいるはずのない婚約者が写っていたという。英子はその謎を解決できるのか? そして年も明けた昭和11年の、ある雪の朝。英子は運命の電話をかけてしまう……。時の歯車が動くように、人はただその道を歩むのみ。切なくも劇的な、シリーズの幕切れです。(YB)
商品情報
書名(カナ) サギトユキ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年04月15日
ISBN 978-4-16-328080-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く