単行本
単行本

運命の人(四)

山崎豊子

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2009年06月29日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

戦後政治の闇に挑んだ男の挫折と再生のドラマ

「情を通じ」。起訴状の一言がすべてを破壊した。仕事も家族も失った記者が、彷徨の末に行き着いた先とは——。待望の巨篇の完結

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
著者10年ぶりの待望の新作も、いよいよ最終巻。最高裁で有罪判決を受けた弓成亮太は、誇りも、家族も、一生をかけるつもりだった仕事も失いました。生きる気力を失い、酒に溺れて堕ちてゆく主人公は、彷徨の末、沖縄へ。そこで出会った人びととの語らいから、かつて記者として沖縄返還の取材に明け暮れながら、中央の政治ばかりに眼を向けていた自分に気づき、再びノートとペンを持って歩き始める弓成。そこへ思いがけない報(しら)せが——。運命のうねりに大きく翻弄された1人の記者の挫折と再生のドラマ、感動の完結です。(YO)
商品情報
書名(カナ) ウンメイノヒト
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年06月30日
ISBN 978-4-16-328140-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く