作品紹介

英雄たちが志なかばで次々に斃れてゆく

魏王・曹操死す。一方、帝位につくも関羽、張飛を失った劉備は呉との戦いの最中病に倒れる。宮城谷版「三国志」いよいよ佳境へ

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
曹操死す。乱世の英雄は覇業の道半ばでこの世を去った。曹操の跡継ぎの曹丕(そうひ)は禅譲を受け帝位に就くが、劉備もまた自ら帝位に就き、ここにふたりの皇帝が並立することになった。また荊州で魏と戦い続ける関羽は、呉の軍勢に背後を突かれて戦死する。関羽の復讐を誓う劉備は自ら軍を率いて呉と戦うが惨敗、そして白帝城で病に伏すことに。そう、英雄たちにも「時」は容赦なく訪れるのだ……。いよいよ第8巻を迎える宮城谷版『三国志』。激動の戦乱の世は、これからどこに向かおうとしているのか? クライマックスに向け、ますます目が離せません!(YS)
商品情報
書名(カナ) サンゴクシ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年09月15日
ISBN 978-4-16-328460-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く