作品紹介

男と狐と幽霊と。摩訶不思議な恋変化の行く末は……

江戸の末、鄙びた麻布に独り住む男のもとへ通いつめる美少女幽霊にあだっぽい狐女。現世の憂さを忘れさせてくれる、極上の妖異譚

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
時は江戸末、鄙(ひな)びた麻布の陋屋(ろうおく)に住まいするしがない男が独り。妻とは死別、以来女っけなし、仕事もなければ志もおぼつかず、40に手が届くというに親の脛(すね)かじり。そんなぱっとしない男のもとへ、夜な夜な美女2人が通いつめる。15、6の初々しい町娘と艶(あだ)っぽい女盛り——と思ったら、実は、死んで間もない新米幽霊に齢(よわい)200を越す神狐。はて、この3者、なぜに出逢った? はたまた、その顛末は……? 絶妙な語り口であやなす極上の人情・妖異譚——はらはらどきどきの挙句、ほろりと涙で止どめを刺す絶品——をご堪能ください。(OM)
商品情報
書名(カナ) アザブカイダン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年11月15日
ISBN 978-4-16-328670-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く