作品紹介

無類の臆病者……でも、女にはもてた。近代落語の祖、円朝を描いた連作短篇

江戸と明治を半分ずつ生きた落語界のスーパースター、三遊亭円朝。彼を取り巻く5人の女と、新しい時代の幕開けを哀惜こめて描く

担当編集者より
「牡丹燈籠」や「真景累ヶ淵(かさねがふち)」などの怪談噺(ばなし)をはじめ、「文七元結」「塩原多助一代記」など数々の創作落語を残し、近代落語の祖と言われる大名人、三遊亭円朝。江戸と明治を半分ずつ生きた落語界のスーパースターと、時代の大波に翻弄されながらも、彼を愛した5人の女たちを描いた連作短篇集。武家の娘、吉原の花魁(おいらん)、2人の「妻」と娘……。『吉原手引草』で直木賞を受賞した著者が綿密な時代考証のもと、さまざまな女たちの物語を縒(よ)り合わせ、幕府の崩壊によりすべての価値観が揺らいだ江戸から明治への歴史の転換期を、混沌の現代にも通じるものとして鮮やかに描き出した「時代」小説です。(UN)
商品情報
書名(カナ) エンチョウノオンナ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年11月15日
ISBN 978-4-16-328690-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document