作品紹介

落伍し、穴を掘り続ける心弱き人々のお話

朽ち果てた洋館に流れてきた手負いの老若男女たち。リストラ・サラリーマン、リストカット・女子高生たちの珍妙な共同生活を描いた好篇

担当編集者より
池永氏は、うつむき加減に生きるはずれ者を描くのが巧い人です。小山の中腹に建つ、崩壊寸前の洋館。そこでは奇妙な共同生活が営まれています。リストラされた元サラリーマン、世間から忘れられた元天才サーファー、リストカットを繰り返す女子高生、借金を背負った夫婦。彼らは、館の老主人と一緒に、庭にひたすら穴を掘り続けます。「宝が埋まっている」と信じて、あるいは単に成り行きで。この心弱い人たちは、また社会への一歩を踏み出すことができるのでしょうか。日陰を照らす、小説らしい小説です。(KH)
商品情報
書名(カナ) ユメホリビト
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年01月10日
ISBN 978-4-16-328830-7
Cコード 0093

著者

池永 陽

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く