単行本
単行本

風が吹けば

加藤実秋

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2010年07月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

今どきの「ちゃら男」がタイムスリップ。80年代ヤンキーとタイマン!?

『インディゴの夜』でブレイク中の加藤実秋さんが描く、ちょっと変わった青春小説。今どきの高校生と熱き80年代ヤンキーとの魂の交流

担当編集者より
『インディゴの夜』で注目を集める加藤実秋さん、小社初登場です。「だりぃ」「たりぃ」が口癖の高校生・健太は、ひょんなことでヤンキー文化バリバリの1984年にタイムスリップします。ロサンゼルス・オリンピックが行われ、女子は聖子ちゃんカット、男子はボンタンを身にまとっていたあの時代。ダサくても、何だか熱かった80年代。今どきの「ちゃら男(お)」健太がヤンキーたちと付き合うことで成長をしていく熱い熱い青春小説に乞うご期待。(ON)
商品情報
書名(カナ) カゼガフケバ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2010年07月15日
ISBN 978-4-16-329360-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く