サウンド・オブ・サイレンス

五十嵐 貴久

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2011年10月21日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

音の無い世界で、少女たちはダンスに青春を懸ける

聴覚障害のある同級生・春香らのダンスチームを手伝うことになった夏子だが、大人の反対や恋愛のもつれでコンテストまでの道は遠い!?

担当編集者より
高校生の夏子は、感じの悪いクラスメイトとして周りから浮いていた春香の、耳が聴こえないという秘密とそれを補うための必死の努力を知る。春香の聾学校時代の友人、美紗が春香とダンスを踊りたがっているのを知り、夏子は協力するようになる。事故で聴力を失った女子大生とも知り合い、聴こえない女子3人のダンスチームが結成されるのだが……。聴こえなくても音楽を感じダンスはできる。汗と涙と友情の青春物語登場。(SY)
商品情報
書名(カナ) サウンドオブサイレンス
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2011年10月20日
ISBN 978-4-16-329400-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く