作品紹介

悲惨すぎて笑っちゃう、新感覚デフレサラリーマン小説

単身赴任の狛江を待ち受けていたのは、借金地獄とヤクザの杯。修羅場を踏みまくった平凡なサラリーマンが到達した“タフ”な境地とは

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
中堅広告代理店の狛江が拝命した北九州への転勤。“業績が出せなければリストラ必至”の単身赴任先で彼を待っていたのは、なんとヤクザの杯(さかずき)でした。取引先の零細企業に居丈高な対応をしたため、アッという間にカタに嵌(は)められ、借金漬け。返済せよと狛江に課せられた予想外の非合法営業活動とは——。悲惨、暴力のち爆笑。修羅場を踏みまくった狛江が到達したタフな境地が可笑(おか)しい、デフレ時代の劇薬処方箋!? 新感覚リーマンノワールの誕生です。(YO)
商品情報
書名(カナ) アイターン
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-329460-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く