作品紹介

とても静かな、食うか、食われるか。最新作品集

見知らぬ女からもらった朝顔の種を育てるうちに呼び起こされる、先輩医師の記憶。山の自然のうつろい、生と死を見つめる3つの作品

担当編集者より
ある日謎の女から、「先生のあさがお」の種を手渡された私は、その種を庭に蒔く。あさがおの先生といえば4年前に死んだあの人しかいない。否応なく思い起こされる過去の記憶。医者としての良心から心を病んだのち、信州の山の自然と向き合い、30年を「生きのびた」。子らが巣立ち、幸福感を妻と分かち合う静かな日常を、静謐(せいひつ)な筆致で描いた最新作品集。表題作ほか「熊出没注意」「白い花の木の下」を収録。(UN)
商品情報
書名(カナ) センセイノアサガオ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-329470-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く