作品紹介

「オーフェン」シリーズの秋田禎信が描く、独特の異世界!

内臓や筋肉の一部が機械化する奇病「機械化病」。病の蔓延に伴って起きる不可解な事件を捜査する2人の刑事がやがて知る真実とは

担当編集者より
自覚症状のないまま身体の一部が機械になってしまう「機械化病」。あるときから世に蔓延しはじめたこの奇病は痛みも違和感もなく、外見からは決してわからない。当初人々はパニックに陥り自殺者も出たが、害の無さがわかるにつれて騒ぎは沈静化していった——治療法も見つかっていないのに。病気の周囲で起こるさまざまな事件を追う2人の刑事が、捜査のはてにたどり着いた「真実」とは? ライトノベルの旗手が描く、独特の異世界をお楽しみ下さい。(YS)
商品情報
書名(カナ) キカイノケビョウ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2010年11月25日
ISBN 978-4-16-329770-5
Cコード 0093

著者

秋田 禎信

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く