作品紹介

『ジョーカー・ゲーム』の著者が描く華族に生まれた男の苦悩

昭和8年。子爵家に生まれた麻倉清彬は、友人の伯爵家長男の殺人容疑を晴らした。それは新しい謎の始まりだった。渾身の長篇ミステリ

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
舞台は昭和8年の日本。子爵家に生まれた麻倉清彬は、職につくこともなく暇を持て余していた。そんなとき友人の伯爵家の長男・多岐川に殺人の疑いがかけられる。殺人現場に呼ばれた麻倉は、機転をきかせて多岐川を解放させるが、それをきっかけに麻倉は大きな事件に巻き込まれていく。退廃的な世相の中で生きていく日本の貴族階級たち。その心の闇に踏み込んだ意欲的長篇ミステリーです。(ON)
商品情報
書名(カナ) ロマンス
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年04月10日
ISBN 978-4-16-331750-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く