単行本
単行本

二・二六事件軍法会議

原秀男

  • 定価:本体1,553円+税
  • 発売日:1995年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

初公開された「二・二六裁判記録」は事件の謎にどんな光をあてたか。資料に残る加筆、改竄の意味は? 昭和史を知る上で必読の書

担当編集者より
著者の原秀男氏は元陸軍法務官で、戦後は弁護士として日弁連理事、脳死臨調委員などを歴任しました。戦前、原氏は軍法会議の倉庫で保存されていた「二・二六事件裁判記録」を夢中で閲覧したことがありました。そして太平洋戦争と敗戦。空襲で焼失したと思われた記録が、一昨年東京地検で発見されたのです。再会した資料を詳しく検討し、今もって謎の多い二・二六事件の真相に迫ります。(M)
商品情報
書名(カナ) ニイニイロクジケングンポウカイギ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年07月20日
ISBN 978-4-16-350480-3
Cコード C0031

著者

原 秀男

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く