単行本
単行本

病める国連何をどう改革すべきか

吉田康彦

  • 定価:本体1,553円+税
  • 発売日:1995年09月

作品紹介

「国際」好きの日本人にとって「国連」は神に近い。が、実体はガタが来た家に近く、早急な改革が必要だ。日本に求められるのは何か

担当編集者より
NHK国際部で十年、国連で十年、その後埼玉大学で国際関係論を教える筆者には、常に「国際」の字がついてまわった。磯村尚徳氏によれば「“国際”と名のつくゴルフ場にはロクな所がない」由だが、日本人の“国際”感覚も同じ。妙に有難がるあまり、相手の実体が見えなくなり、ついには神の前に出たごとくひれ伏してしまう。こうした無知にもとづく日本人の国連論議を木端ミジンに打ち砕く快著です。(S)
商品情報
書名(カナ) ヤメルコクレン ナニヲドウカイカクスベキカ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年09月01日
ISBN 978-4-16-350560-2
Cコード C0031

著者

吉田 康彦

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く