単行本
単行本

怖ろしい味

勝見洋一

  • 定価:本体1,456円+税
  • 発売日:1995年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

天麩羅ソバの天麩羅は揚げたてではいけない――NHK「男の食彩」でおなじみの筆者がいざなう「食」と「モノ」の玄妙な世界

担当編集者より
天麩羅そばの天麩羅は、ちょいと使い古しの油を使い、衣をたっぷりつけて高温短時間でサッと揚げます。冷めるまで使ってはいけません。その蘊蓄は本文を読んで頂くとして、このエッセイ集は、さらにその蘊蓄をもう一つ巧妙な仕掛けでくるんで揚げて、私たちを虚実皮膜の“舌妙”の世界に誘い込み、あたかも川端康成の掌編小説を読むがごとくです。そういえば中学生時代の著者が川端康成先生を訪ねるシーンも出てきます。先生は中学生を相手に玉露を啜りながらあの目玉をぎょろりとむいて「どうです、最近」などと言うのです。(U)
商品情報
書名(カナ) オソロシイアジ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年10月30日
ISBN 978-4-16-350820-7
Cコード C0095

著者

勝見 洋一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く