単行本
単行本

パリふんじゃった花の都の奇人たち

尾嶋彰

  • 定価:本体1,650円+税
  • 発売日:1995年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ゴミの中に住む貴族、バスタブで羊の丸焼きに励むアフリカからの移住者……。在仏25年の建築家が友とするおかしな人々、パリの真実

担当編集者より
眼から鱗が五枚は落ちます。パリの美観は良好に保全されていますが、問題は古色蒼然たるアパルトマンの内部。トイレや浴室のない家庭が珍しくなく、そこに住むのは筋金いりの個人主義者たち・・。筆者は在仏二十五年の建築家です。貴族から移民労働者まで、とんでもない人々との交流を通じ、じわじわと真実のパリが浮かび上ります。そうです。明治以来、仰ぎ見る存在だった彼の国を相対化し、同じ地平に置く快作。エッフェル塔が通天閣に、エスカルゴがタコ焼きに見えてくるから不思議です。(M・W)
商品情報
書名(カナ) パリフンジャッタ ハナノミヤコノキジンタチ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1995年11月30日
ISBN 978-4-16-350940-2
Cコード C0095

著者

尾嶋 彰

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く