単行本
単行本

大前研一 敗戦記

大前研一

  • 定価:本体1,456円+税
  • 発売日:1995年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大前研一は北朝鮮籍だ――知事選挙で流されたデマ。ビジネス理論の世界から政治の世界へ飛び込んだ筆者が書き下ろす体験的政治論

担当編集者より
都知事選挙に敗北した大前さんを、親友の加山雄三氏が「今日は黙って俺の言うことを聞け」と“叱った”そうです。「俺は選挙中、何も言わなかった。あんなに一生懸命やっているのを見ると何も言えなかった。だけどね、あんた滑稽だよ。全部自分で分析して、全部自分で答えを持ってて。だが、あんたの話は『底辺』の人々が唸るもんじゃねえ」いつもかっこよかった大前研一氏が、泥にまみれて何を考えたか。この本はこれまでの大前本とはちょっと違います。(S)
商品情報
書名(カナ) オオマエケンイチハイセンキ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年11月30日
ISBN 978-4-16-350950-1
Cコード C0031

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く