単行本
単行本

イヴ・モンタン ぼくの時代(下)パリに抱かれて

エルヴェ・アモン パトリック・ロトマン 土屋進・訳

  • 定価:本体3,495円+税
  • 発売日:1996年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

(上を参照)

担当編集者より
イヴ・モンタンのモスクワ公演が行われたのは、ソ連のハンガリー、ポーランドへの派兵など、東欧諸国への干渉がつづき、共産党の威信が知識層のあいだで見るみる崩れていくさなかでした。その間のモンタンの煩悶。モスクワ公演を敢行すべきか、キャンセルするか。「枯葉」のシャンソン歌手、「恐怖の報酬」の俳優としての華やかな側面のほかに、苦悩する知識人としての姿がヴィヴィットに伝わってくる伝説です。(M・R)
商品情報
書名(カナ) イヴモンタンボクノジダイ パリニダカレテ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年01月30日
ISBN 978-4-16-351060-6
Cコード C0074

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く