単行本
単行本

定年からの家族元年

加藤仁

  • 定価:本体1,456円+税
  • 発売日:1996年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

週刊文春連載の定年シリーズ第八弾。定年後の夫と妻、父と子、母と娘はどうつきあっていくのか。定年後の家族像を、全国から紹介

担当編集者より
会社通勤から解放され、第二の人生を思いのままに過ごそう……と思ったとき、自分だけでなく家族のつながりも変わります。夫の陶工修業に合わせて有田に移住する家族、仕事に迷う息子を見守る父、妻のシルクロード探検を応援する夫、離婚と再婚、海外ボランティアに際して子供から教えられる父、老親の介護で見直される家族の再構成など、この本に登場する三十二の実例にはそれぞれのドラマと工夫があります。「濡れ落葉」「粗大ゴミ」の時代を過ぎて家族のあり方が一様ではなくなった現在、ウチの家族はどうしようか、を決めるのは自分の胸ひとつです。新しい家族作りの応援に、本書が役立てばと思います。(O)
商品情報
書名(カナ) テイネンカラノカゾクガンネン
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年02月01日
ISBN 978-4-16-351190-0
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く