作品紹介

抗がん剤は90%のがんに無効で命を縮める元凶だ。手術偏重もがん検診も同様。ではどうすべきか? 従来の“がん常識”を破った革命書

担当編集者より
がんは三大成人病の筆頭に数えられ、今なお多くの患者が苦しめられています。しかしその原因が、抗がん剤や外科的手術、がん検診といった、治療法にあるならば——。現役の放射線科医による「文藝春秋」での連載は好評を博し、九五年度文藝春秋読者賞を受賞しました。巷間流布されている「がん常識」を根底から覆し、がんに関する著書が多数ある著者自身が“これまでの集大成”と自負する本書は、実りある人生を実現させるための革命書といえるのではないでしょうか。(S)
商品情報
書名(カナ) カンジヤヨガントタタカウナ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 1996年03月30日
ISBN 978-4-16-351460-4
Cコード 0047

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く