作品紹介

中国残留戦争孤児を育てた父の慈愛を描き日本中を涙と感動でつつむドラマ、その構想から完成まで八年間の“取材秘話と執筆裏話”

担当編集者より
山崎豊子さんの『大地の子』はNHKドラマとなって、日本中を感動の涙でつつみました。情報閉鎖国家の中国で、作者がどのようにして『大地の子』を発想し、執筆する道を切り拓き、完結に至ったか、八年間の歩みを折々の文章でたどるのが本書です。日中間で問題となった閣僚の靖国神社参拝をめぐる胡耀邦総書記との会見記は、昭和史にとどめておかねばならない文章。また外国人では唯一人の労働改造所の取材や戦争孤児への涙のインタビューなど、超大作はその裏話まで超感動的です。(T)
商品情報
書名(カナ) ダイチノコトワタシ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年05月30日
ISBN 978-4-16-351580-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く