作品紹介

無類の本読みとして知られる作家の異色のブックガイドエッセイ。初めて開陳する独特な本との付き合い方は、切れ味鋭く面白さ抜群

担当編集者より
1994年に刊行して好評を博した『本は寝ころんで』に続く、読書エッセイ集です。無類の本読みとして知られる著者が、本はどういう姿勢で読むか、蔵書の整理の仕方から、果てはどう処分するかまでを書下しで公開しています。他に、週刊文春で好評連載中の「私の読書日記」などを加えて、誰にでも、どこからでも読める、“本をめぐる面白い本”です。ブックデザイナーの多田進氏の装丁もステキ、です。(I)
商品情報
書名(カナ) チョウドクショホウ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年05月25日
ISBN 978-4-16-351620-2
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く