単行本
単行本

虚人 寺山修司伝

田澤拓也

  • 定価:本体1,553円+税
  • 発売日:1996年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

異能の歌人が創作したテレビドラマは剽窃であった!? 草創期のテレビ界を舞台に、知られざる寺山修司の生きざまを描く人物ルポ!

担当編集者より
前作『「延長十八回」終わらず』では甲子園を沸かせた青森・三沢高校の球児たちのその後を描いた著者の最新作。「チエホフ祭」で歌壇に颯爽と登場し、後年は「天井桟敷」を率いて演劇界に衝撃を与えた寺山修司。その彼がテレビドラマの脚本に携わっていたことは余り知られていません。この時代の倉本聰、山田太一、谷川俊太郎、湯川れい子など、多彩な面々との仕事ぶりや、彼の脚本に纏わる新事実など、エピソードも満載。寺山修司の新たな貌を描く人物ノンフィクションです。(S)
商品情報
書名(カナ) キョジンテラヤマシュウジデン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年05月30日
ISBN 978-4-16-351630-1
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く