作品紹介

保田に、あるいは村上春樹にとって満州とは何なのか? 「右翼」「戦争賛美者」との予断を排し、保田與重郎の存在を問う力作評論!

担当編集者より
福田和也さんといえば、もっとも大胆かつ緻密な若手文芸評論家として注目されています。歯に衣着せぬ物言いは、しばしば物議をかもすこともあるほど。その福田さんが、日本浪漫派の巨人・保田與重郎に正面から取り組みました。「右翼」「戦争賛美者」といった様々な予断をはぎとり、現代に保田を問い直す力作です。第一章は、村上春樹さんから始まります。村上さんの「満州」は保田與重郎とどう響き合うのか――。知的興奮に満ちた一冊です。(M)
商品情報
書名(カナ) ヤスダヨジュウロウトショウワノミヨ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年06月10日
ISBN 978-4-16-351690-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く