単行本
単行本

連合赤軍「あさま山荘」事件

佐々淳行

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:1996年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

危機管理の第一人者、佐々淳行氏が当時のメモをもとに書き下した『連合赤軍「あさま山荘」事件』は秘話満載の昭和忠臣蔵といえる

担当編集者より
昭和四十七年二月二十八日、九時五十五分。最後の警告に対し返ってきた犯人側の回答は“バーン”という乾いた銃声だった。これを皮切りに乱射乱撃の銃撃戦が始まる――視聴率八九・七%の高視聴率を記録、六千万人をテレビの前に釘付けにした「連合赤軍『あさま山荘』」の“城攻め”である。以後、一切沈黙を守ってきた現場指揮官佐々淳行氏が明かした攻防戦の新事実は、まるでシェイクスピアの世界そのものだ。(T)
商品情報
書名(カナ) レンゴウセキグンアサマサンソウジケン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年06月30日
ISBN 978-4-16-351750-6
Cコード C0036

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く