単行本
単行本

カープ島サカナ作戦

椎名誠

  • 定価:本体1,165円+税
  • 発売日:1996年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「白い馬」の上映ツアーで全国を飛び回りつつ、テンプラとカレーライスとすき焼の研究に励む著者の日常エッセイ集。待望の七冊目

担当編集者より
一九九〇年のお正月から連載が始まった「週刊文春」の“新宿赤マント”が、このたび三百回を突破しました。そして、それをまとめた単行本も今回で七冊めとなります。昨年七月から今年四月までの分を収録した本書には、荒海に消えた「東ケト丸」のこと、テンプラとカレーライスとスキヤキに関する研究、昔の宿敵との再会、タイトルのカープ島を始め、奄美大島、八丈島、小笠原……と島を訪れた話など等身大の氏の日常が描かれていて、ファン必読です。(H)
商品情報
書名(カナ) カープトウサカナサクセン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年07月30日
ISBN 978-4-16-351890-9
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く