単行本
単行本

スコセッシはこうして映画をつくってきた

メアリー・パット・ケリー 齋藤敦子・訳

  • 定価:本体3,495円+税
  • 発売日:1996年08月

作品紹介

アメリカ映画界のみならず、世界で最も注目されている映画監督マーティン・スコセッシ。その全貌を浮き彫りにする多彩な証言集!

担当編集者より
「アリスの恋」「タクシー・ドライバー」「ラスト・ワルツ」「レイジング・ブル」「ハスラー2」「最後の誘惑」……その後も最新作「カジノ」まで傑作をたてつづけに生み出してきたマーティン・スコセッシ。この何本かを見れば、彼が現代アメリカ映画界にあって最高の監督であることは容易に納得できるはずです。その映画術のすべてを本人、家族、スタッフ、キャストにとことんインタビュー、それをスコセッシ映画さながらダイナミックに構成したのが『スコセツシはこうして映画をつくつてきた』(メアリー・パット・ケリー・斎藤敦子訳)です。映画ファンにとって新しいバイブルの登場です。
商品情報
書名(カナ) スコセッシハコウシテエイガヲツクッテキタ
ページ数 552ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年08月15日
ISBN 978-4-16-351940-1
Cコード C0074

著者

M・P・ケリー

齋藤 敦子翻訳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く