単行本
単行本

世界ハッカー犯罪白書

セルジュ・ル・ドラン フィリップ・ロゼ 桑原透・訳

  • 定価:本体1,748円+税
  • 発売日:1996年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

国家機密や情報収集、恐喝、復讐……さまざまな目的でコンピュータに侵入し“電脳ゲーム”を展開した世界各国のハッカー事件30話

担当編集者より
イギリス首相官邸の情報回路がジャックされ、国防機密が暴露されそうになった話。「ミケランジェロ・ウイルス」に世界中のコンビュータが震えあがった事件。全米を騒がせた手紙爆弾魔ユナボマーとFBIの攻防。ブルガリアの大学でコンビュータ業績を指導教授に横取りされた研究者の復讐物語……S・ドラン、P・ロゼ著『世界ハッカー犯罪白書』は一九八○年代から今日まで、主として欧米で起きたハッカーによる犯罪実例をまとめたもの。収録事件は全三十五話。昨今のコンビュータやインターネットの安易な利用がいかに「サイバーテロ」に狙われやすいかよくわかる異色の事件簿です。
商品情報
書名(カナ) セカイハッカーハンザイハクショ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年09月15日
ISBN 978-4-16-352010-0
Cコード C0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く