単行本
単行本

「大中国」はどうなる

文藝春秋・編

  • 定価:本体1,456円+税
  • 発売日:1996年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

九七年七月一日、香港返還。その後を激変が襲うか、21世紀中国がどうなるかは、日本人にとって無縁ではない。専門家十人が論じた

担当編集者より
来年(1997)七月一日午前0時、時計が世界の運命の時を告げる。香港の中国への返還である。果して東洋の真珠はどんな変革の嵐に巻き込まれるのか。先の台湾総統選のときに見せた中国の軍事演習は、じつは日本の領海の目と鼻の先で強行されたことを知る人は政治家も含めてきわめて少ない。二〇三〇年には十六億に達する隣の巨人がもし腹をすかせていたら、あまりいい気持はしないだろう。海を越えて日本を襲う酸性雨も問題だ。――いま「グレイト・チャイナ」への十の疑問を、中嶋嶺雄・東京外語大学長ほか九人の専門家が徹底分析!(U)
商品情報
書名(カナ) ダイチュウゴクハドウナル
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年09月30日
ISBN 978-4-16-352080-3
Cコード C0031

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く